審美歯科と保険適用について。

審美歯科とは、歯列矯正やホワイトニングなど、歯の見た目の美しさを保つ為の歯科治療分野のことで、普通の虫歯治療などと違い、ほとんどが保険の適用外となっています。そこで疑問なのが、虫歯治療などで歯に詰め物を詰める際に、前歯(犬歯まで)は白いプラスチックを詰めますが、犬歯より奥の歯は保険の適用外になってしまい、保険の適用内では銀の詰め物になってしまう点です。確かにホワイトニングや歯列矯正などの審美要素の高い物は保険適用外なのは納得できますが、「前歯は保険適用内ですが、奥歯は適用外」と云うのは何故なのか、疑問が残るところです。しかし良く調べてみると、奥歯の噛合せ部分には噛むときに相当の力が加わるのでプラスチックでは強度が弱く、セラミックを使用しなけれがならないと云う理由が判明しました。当然、材料費、技工料が高くなり、保険でまかなうのは難しくなります。ただそれとは別に、インプラント治療は「物を噛む」為に必要な治療であり、決して「審美」ではありませんが、保険適用外で、やろうとした場合に高額な費用が掛かってしまうのは疑問です。